KURAGE online | 生物 の情報

KURAGE online | 生物 の情報

「 人間 」 の情報 

「クラゲ」が動物の脳を調べる研究者に注目されている理由とは? - GIGAZINE

一般的に実験室で使用されるモデル生物はミミズ・ハエ・魚・マウスなどであり、クラゲはこれらの動物よりも遺伝的に人間から遠いため、モデル生物としては

東京に向けて北上中!? キョン大繁殖で被害拡大も「命乞いして鳴き叫ぶ」駆除への葛藤 | ニュース ...

千葉県南部で繁殖、急増しているシカ科の特定外来生物、キョン。人間に危害を加えることはない臆病な動物だが、生態系を破壊したり、農作物に被害を及ぼす

こわーい深海生物ベスト10 - au Webポータル

深海とは、人間が生きる場所から最も遠い場所。冷たく暗い何千メートルもの海の深淵に住まう、悪魔のようなタコ、イカ、ウナギ、アンコウ、サメたち。

昭和的な発想や、古いシステムをすぐに切り捨てたがる企業 組織を成長へと導くカギになる

そこで、細胞生物学・分子生物学者で、進化にも造詣の深い帯刀益夫氏から、人間が変容を起こすためのヒントを得ていきます。本記事では、企業が成長するため

古い体質の企業に足りないのは“変なことにトライできる裁量権” 生物学者が語る「遺伝子」と ...

そこで、細胞生物学・分子生物学者で、進化にも造詣の深い帯刀益夫氏から、人間が変容を起こすためのヒントを得ていきます。本記事では、生物の進化と企業の

キリンの首は長くなった 現代の経営学にも通ずる、生物のパラダイムシフト - ログミーBiz

そこで、細胞生物学・分子生物学者で、進化にも造詣の深い帯刀益夫氏から、人間が変容を起こすためのヒントを得ていきます。本記事では、現代社会経営

「二つの危機」同時対策を - 西日本新聞

温室効果ガスの排出や森林破壊といった人間の活動によって、地球は気候変動と生物多様性の喪失という「二つの危機」に直面...|西日本新聞meは、九州の

「二つの危機」同時対策を COP26で重要性指摘 | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS

温室効果ガスの排出や森林破壊といった人間の活動によって、地球は気候変動と生物多様性の喪失という「二つの危機」に直面している。こうした危機への対策は

AKB横山由依 UMA界のヒーロー・ビッグフット役に秋元康氏を指名「イチオシです!」

... ドーン・オブ・ザ・ビースト/魔獣の森」(12日公開)の試写会イベントに出席した。 同作はUMA(未確認生物)のビッグフットと人間、正体不明の怪…

廃タイヤに入ったヤドカリ脱出できず、「幽霊漁業」の実態解明 弘前大研究

人間が捨てた漁網などの廃棄物に海洋生物が絡まるこの現象がゴーストフィッシングと呼ばれる。 弘前大学の曽我部篤准教授は、2012年に陸奥湾で行った

Copyright© KURAGE online | 生物 の情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.